会社概要 お客様へのメッセージ 塗り替えのご提案 施工例紹介 用語集 Q&A お問い合わせ ホーム

用語集

症状

クラック

ひび、亀裂のことです。外壁のあらゆる箇所に生じます。
コンクリートの表面に生じる髪の毛ほどの細いひび割れをヘアークラックといい、設計・施工上の欠陥によって躯体の内部から生じたひび割れを構造クラックといいます。
小さなクラックの場合、外見上、目立たないのでそのまま放置すると、そこから雨水などが入り、内部を腐らせたり、基礎内部の鉄筋を錆びさせ、躯体の耐久性を著しく落とす危険性があります。また、外壁、屋根などのクラックをそのまま放置していると、壁内部にも影響が出て、塗り替えだけでなく、大幅な補修工事が必要になる場合もあります。

エフロレッセンス(白華現象)

コンクリート内部侵入した水分が、蒸発する際に石灰分などの可溶成分とともに表面に染み出し白い粉として現れる現象です。冬季や比較的湿度が高いなどの気象条件で発生しやすくなります。
エフロレッセンスが生じたとしても、コンクリート構造物の強度には問題はなく、生成物も無害です。

チョーキング

長い間、熱・紫外線・雨・風などにさらされることにより塗膜が分解して、表面が次第に白い粉状になっていく現象です。白亜化現象とも言われます。防水性悪化の原因となります。

爆裂

コンクリートのひび割れなどから雨水が進入することで、鉄筋を覆っていたコンクリートの中性化が進行すると、鉄筋に錆が生じて膨張し、周囲のコンクリートを押し出すことにより剥落させ、鉄筋が表面に露出する状況に陥ることです。

剥離(はくり)

塗膜が付着力を失い、被塗膜面から離れる現象を「塗膜剥離」といいます。
また、タイルとモルタル、モルタルとコンクリート構造体、または、仕上げモルタルとコンクリート構造体の境界面の接着不良が原因となり、隙間が生じ、部分的に分離した状態を「浮き」といいます。

中性化

モルタルやコンクリートが、大気中の炭酸ガスによって本来もっているアルカリ性から中性になり、内部の鉄筋を腐食し建物の耐久性を弱めることです。

欠損

タイルやモルタルが部分的に欠けた状態です。原因は凍害、熱膨張、機械的原因などです。落下につながるので注意が必要です。

硬化不良

2液型塗料やシーリング材などが、一定の時間が経過しても硬化しない現象。

結露

窓ガラス・壁など冷えた物体の表面に、空気中の水蒸気が凝縮し水滴となって付着する現象です。住宅内では冬期に、暖房器具によって水蒸気が出るため、北側の部屋や外壁に面した押入れの中に結露が起きやすいです。結露は住宅を傷める原因ともなるので、室内の換気をよくして高湿度になるのを避け、断熱性能の高い壁材や窓を使うとよいでしょう。

シックハウス症候群

居住者が、建物が原因の室内空気汚染によって、目眩・吐き気・頭痛・平衡感覚の失調や呼吸器疾患などの症状を引き起こされる病気です。原因には、化学的なもの、生物学的なものがあります。

耐候性

塗料を屋外で使用した場合の変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質、抵抗性のことをいいます。
変質の原因としては、太陽光からの紫外線を主として、赤外線などの熱の影響、雨水などによる加水分解や浸食作用、昼夜の温度変化による材料の伸縮・膨張の影響などが考えられます。

ページのトップへ