会社概要 お客様へのメッセージ 塗り替えのご提案 施工例紹介 用語集 Q&A お問い合わせ ホーム

用語集

塗料・塗材・建材

エマルションペイント・EP(AEP)

エマルション樹脂を用いて製造された塗料です。水で希釈でき、塗布後は水の発散によって固化し、表面にはほとんど光沢のない被膜を作ります。
アクリル系エマルションペイント(AEP)は、低温でも造膜性がよく、可塑剤がなくても皮膜形成が良く、色づけも容易です。
水性エマルションペイント(EP)は、耐水、耐アルカリ性にやや劣りますが、有機溶剤を含まないので安全かつ無公害です。ほぼ無臭なので、インテリア用として壁や天井に多く使われています。

油性塗料・OP(SOP)

通称ペンキです。油性ペイント・オイルペイント(OP)は、植物性の油で希釈する塗料であり、安価で肉付きがよく、密着性・耐衝撃性・耐候性に優れるが、乾燥が遅い・耐薬品性が悪い・粘着性がある・臭いが残るなどの欠点があるため、現在はほとんど使われていません。
代わって最近使われているのが、合成樹脂ペイント(SOP)です。

アクリル樹脂塗料

塗料の主成分である合成樹脂がアクリル系の塗料のことです。

ウレタン樹脂塗料

塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料のことです。光沢があり肉もちがよく、塗膜が強靭で付着性に優れています。また、耐薬品性、耐水性に優れ、耐候性がよく乾燥性に優れています。

シリコン樹脂塗料

フッ素樹脂塗料とともに超耐候性塗料と称され、フッ素樹脂に非常に近い耐久性を持ちながらも、コストパフォーマンスの良さが評価されています。

フッ素樹脂塗料

主に建築物の金属系素地・セメント系素地に使用され、化学的安定性が高い炭素のフッ素結合を有する樹脂を使用した塗料です。抜群に優れた耐紫外線性をもち、光沢保持率もよいため、とにかく、きれいに長持ちさせたいと思われる方にお勧めです。

遮熱塗料(屋根用)

屋根に塗装するだけで省エネ効果がある塗料で、夏期の太陽熱を反射させ、表面温度の上昇を防ぎ、室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。最近は都心のヒートアイランド対策としても注目されています。
ただ、遮熱塗料は断熱材と違い、夏場の暑さ、日差しを涼しくさせる効果はありますが、冬場の室内温度を保温する効果はありません。

自然塗料

天然植物油・天然蜂蜜ワックスなどをベースに製造された自然からできたシックハウス症候群の方や環境にやさしい塗料です。

ジョリパット

アイカ工業叶サ造の塗料で、モルタル面やボード面に使用します。
コテやクシ、ハケの使い方により、模様をつけやすく、壁面に豊かな表情をつけることが可能なほか、水で薄めることにより吹き付け仕上げも可能です。防火性・耐火性があり、防藻・防カビ性能も高いです。内装にも外装にも施工できます。既存のジョリパットで施工した壁などの上からジョリパット再施工することや、他の材料で重ね塗りすることも可能です。

シーラー(プライマー)

素地(下地)と塗料を密着させるための、言わば接着剤のような役割を果します。素地(下地)の吸い込み防止、あく止めの役目もあります。

フィラー

下地調整の際に使用する目止め剤、充填剤です。少し粘りがあり巣穴や微細なクラックを埋めることができます。現状と違った仕上げ風合いをだすために使用することもあります。厚塗り・うす塗りの両方に対応しているため、仕上がりの状態を調整することができます。2〜3mm以上のひび割れには別途シーリング(コーキング)や樹脂を使った下地処理をしなければなりません。

トップコート

仕上げ材として外壁面に色彩、光沢などを与えるために用いられます。二次的に耐候性、耐汚染性といった効果も得られ、アクリル、ポリウレタン、シリコン、フッ素などが一般的に使われています。また、防水層の保護塗料にも用いられます。

モルタル

セメント、砂とセメントを水で練り混ぜて作る建築資材です。コンクリートと違い、砂利や砕石が入っていません。仕上材や目地材、躯体の調整などに多く用いられています。
モルタルの壁は、クラックが生じてきます。放っておくと、水分が壁の内側に入り込み、壁の中を腐らせてしまいます。

ALC

高温高圧蒸気(オートクレーブ)養生して作った気泡コンクリートです。軽量で断熱性、耐火性に優れ、内外壁、屋根床等に使用されています。

ウレタン防水

ポリウレタン系の防水材で、主に塗膜防水やシート防水に用いられます。

FRP防水

ガラス繊維で補強されたプラスチック複合材料(ポリエステル樹脂+ガラス繊維)のことです。
防水機能をはじめ、耐食や耐熱、耐候性など 種々の外的要因からの保護機能を発揮し、耐久性のある新素材の防水材として注目されています。
塗りに耐候性を上げるために同じポリエステル系のエナメルやウレタンエナメルを塗って仕上げます。艶が無くなって手でこすって粉が着くようなら、上塗りだけでも塗り替えた方がいいでしょう。

ページのトップへ