会社概要 お客様へのメッセージ 塗り替えのご提案 施工例紹介 用語集 Q&A お問い合わせ ホーム

塗り替えのご提案
  • 塗り替えの必要性
  • 塗り替えのタイミング
  • ご相談からの流れ
  • 工事金額(屋根塗装)
  • 工事金額(外壁塗装)
  • 工事金額(付帯工事)

塗り替えのご提案に戻る

塗り替えの必要性

こんな症状が出たら、塗り替えが必要です。

1. 屋根の色あせ

屋根は直接日光が当たるため、紫外線による劣化の進行が早く、風雨にさらされて多量の水分を浴びるので、建物の中でも痛みやすいところです。

2. カビ・藻

カビが黒く壁面を覆うようになると、壁の内部にも水分が浸入している可能性があります。

3. チョーキング

塗膜が劣化して防水力が低下し、いつでも水分が浸入できる状態です。

4. 鉄部のサビ

錆びている部分から浸入した水分が、金属を腐食し、脆くします。サビは、進行が早いので、早めの対処が必要です。

5. クラック

クラックから壁の内部に水分が浸入し、構造材を腐らせたり、シロアリの原因になります。

6. 塗膜の剥がれ

水分が壁や木部に浸入して起こります。放置しておくと、壁は浸入した水分が基礎の部分まで浸食し、木部は腐食します。


塗り替えは、建物のメンテナンス

塗装は、建物を紫外線や有害物質、雨などから保護しています。しかし、時間の経過とともに劣化し、その性能は低下してしまいます。塗膜から発生した劣化は、内部へと進行し、建物自体の老朽化につながります。そのため、定期的に塗り替えを行い、塗膜を再生させる必要があるのです。

ページのトップへ